さの小児科クリニック
tel.078-926-121024時間対応診療予約
オンライン
 
診察予約
インターネット予約 インターネット予約 診察予約(オンライン)
インターネット予約
携帯端末からのご予約は左記のバーコードリーダーを読み取ってください
診察予約(オンライン) 音声ガイダンスにしたがってご予約ください
予約サービスについてのご利用方法。
ダウンロードしてご覧いただけます。
診察予約

ホーム > ごあいさつ
ごあいさつ
現在、少子化と核家族化が進み、育児に不安を覚えられるお母様方が少なくありません。私たち、さの小児科クリニックでは、子供たちの健やかな成長とお母様方の育児を支援することを目指して2002年に開院いたしました。

当院では診察室を5つ設け院内感染を防ぐために、水ぼうそうやおたふくかぜなどの伝染性の病気にかかられた方々は入口も診察室も別にしております。待合室の床にはお子様の安全性を考えてコルク材を採用しております。また、24時間対応の電話予約システムを採用して、待ち時間を少なくしています。

さの小児科クリニックは、親しみやすい『かかりつけ医』として、地域の皆様に信頼されるように努力してまいります。  また、私どもは英語も話せますので、外国から来られた方々の診療も致します。
院長経歴
甲陽学院高等学校卒業
神戸大学医学部卒業
神戸大学医学研究科博士課程修了(医学博士)
小児科専門医

pic01.gif  私は神戸大学医学部を卒業後、神戸大学の小児科に入局しました。関連病院で研修の後、大学院に入り、血小板という血液細胞の一つについて研究をしていました。大学院修了後、大学病院で新生児病棟に勤務し、その後、米国のデンバーの National Jewish Hospital (NJH)という所に2年半留学しました。
 当時は新生児学を志していたこともあり、NJHでは肺の研究をしていました。ボスの Dr. Mason は肺サーファクタントを分泌する肺胞II型上皮細胞を純化し、in vitro で研究することを可能にした呼吸器内科医/研究者です。NJHでは肺サーファクタントの分泌機構の研究と肺サーファクタント中のアポ蛋白の遺伝子クローニングを行い、いくつか論文を発表しました。肺サーファクタントは新生児呼吸急迫症候群の治療薬として臨床で使われていますが、肺胞の虚脱を防ぐだけではなく、感染防御の役割が明らかとなり、また慢性呼吸器疾患の診断にも応用されています。

 帰国後、神鋼病院勤務を経て、神戸大学小児科において血液・腫瘍疾患の診療に携わるようになりました。当初、担当していた白血病患者さんの多くは残念乍ら、亡くなられましたが、その後、化学療法・支持療法の進歩、造血幹細胞移植の導入などにより、徐々に治療成績は向上し、最近では白血病や血液・腫瘍患者さんの多くは治るようになって来ました。しかし、血液・腫瘍疾患の患者さんおよび御家族は常に死を意識しておられ、治療成績が向上したとはいえ、時には担当したこども達を看取らねばならない血液・腫瘍疾患担当医というのは精神的につらい仕事ではありました。

pic02.gif  私の大学時代の研究を少し、ご紹介したいと思います。ヒトの遺伝子の数は3-4万個と考えられていますが、私はヒトの疾患に関与する遺伝子を6つ発見しました。この写真は私どもが発見し分子に対する抗体を使って末梢血から単離した細胞です。顆粒が特徴的な好塩基球です。この細胞は顆粒の中にヒスタミンというアレルギーを起こす物質を持ち、喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎などの症状を起こします。同じくアレルギー反応の主役である肥満細胞の表面にもこの分子は発現しています。この分子にはCD203cという国際名が付けられています。CD203c がどの様な働きをしているのかは現時点では未だ分かっていませんが、アレルギー反応に何らかの形で関与していると考えています。CD203分子には現在、3種類あり、ホスホジエステラーゼという酵素活性を共通に持っています。これは様々な物質のリン酸ジエステル結合を加水分解する酵素です。分子種によって、基質特異性が違うことが最近の研究で明らかになってきています。
 CD203aは別名PC1とも呼ばれ、色々な細胞に発現されていますが、この分子が生まれつき欠けていると特発性乳児動脈石灰化症という病気になることを私達は米国との共同研究で明らかにしました。CD203aはピロリン酸の生成によって骨形成の負の調節に重要な役割を担っており、これがないと過剰な異所性石灰化が起こり、動脈中膜に石灰化が起こって心筋梗塞を幼児期に発症するのです。

pic03.gif  次にCD203b (=Autotaxin, ATX) はがん細胞の転移、浸潤に関与しています。 かなり以前より血清にはがん細胞の運動性を高める作用があることが知られておりました。血清中にはがん細胞の運動性を高める様々な分子が含まれていますが、その中で最も多量に含まれているのがリゾホスファチジン酸 (LPA) です。LPA はリゾホスファチジルコリン (LPC) が加水分解して生じるのですが、LPC を LPA に代謝する酵素は長い間不明でした。それが私のグループが発見した CD203b なのです(図参照)。遺伝子工学によってリコンビナントCD203b を作成し、培養神経芽細胞腫細胞に作用させると非常に低い濃度で運動性を高めます。また、神経芽細胞腫の腫瘍組織には CD203b が発現されています。これらの事実から CD203b はがん細胞の浸潤、転移、増殖などに大きな役割を担っていると考えています。また、ごく最近、新たなファミリー分子がスフィンゴミエリナーゼとして同定されました。
 私はこれらの一連の研究成果でこれまでに3回、海外で招待講演を行いました。
 また、私が担当した白血病の患者さんから頂いた細胞から新しい分子、AF3p21 もクローニングしました(参考図1参照)。この患者さんの白血病細胞は、それまでに報告されていなかった t(3;11)(p21;q23) という染色体異常があり、11q23 に存在する MLL という遺伝子を手がかりに染色体ウオーキングという手法で発見したものです。最近になって、この分子が他の細胞内シグナル研究者によってクローニングされ、SH3 protein interacting with Nck/SPIN90 という名前が別名として付けられています。また、類似分子にはWiskott-Aldrich syndrome homologue binding protein があり、AF3p21 ファミリー分子は新しい細胞内シグナル伝達物質と考えられますが、まだ研究は始まったばかりという所です。

代表論文(これ迄に色々な国の方々と共同研究し、発表した中の一部です)

Castagna, M., Takai, Y., Kaibuchi, K., Sano, K., Kikkawa, U., Nishizuka, Y. (1982) Direct activation of calcium-activated, phospholipid-dependent protein kinase by tumor-promoting phorbol esters. J. Biol. Chem. 257: 7847-7851.
Sano, K., Takai, Y., Yamanishi, J., Nishizuka, Y. (1983) A role of calcium-activated, phospholipid-dependent protein kinase in human platelet activation. J. Biol. Chem. 258: 2010-2013.
Sano, K., Nakamura, H., Matsuo, T., Takai, Y. (1985) Comparison of modes of action of Ca2+ ionophore A23187 and thrombin in protein kinase C activation in human platelets. FEBS Letters 192: 4-8.
Sano, K., Voelker, D.R., Mason, R.J. (1985) Involvement of protein kinase C in pulmonary surfactant secretion from alveolar type II cells. J. Biol. Chem. 260: 12725-12729.
Sano, K., Voelker, D.R., Mason, R.J. (1987) Effect of secretagogues on cytoplasmic free calcium in alveolar type II epithelial cells. Am. J. Physiol. 253, C679-C686.
Sano, K., Voelker, D.R., Mason, R.J. (1987) Tetradecanoylphorbol acetate and terbutaline stimulate surfactant secretion in alveolar type II cells without changing the membrane potential. Biochim. Biophys. Acta 907 (3), 317-326.
Sano, K., Fisher, J., Mason, R.J., Kuroki, Y., Schilling, J., Benson, B., Voelker, D. (1987) Isolation and sequence of a cDNA clone for the rat pulmonary surfactant-associated protein (PSP-A). Biochem. Biophys. Res. Commun. 144: 367-374.
Sano, K., Cott, G.R., Voelker, D.R., Mason, R.J. (1988) The Na+/H+ antiporter in rat alveolar type II cells and its role in stimulated surfactant secretion. Biochim. Biophys. Acta 939: 449-458.
Fisher, J.H., Emrie, P.A., Shannon, J., Sano, K., Hattler, B., Mason, R.J. (1988) Rat pulmonary surfactant protein A is expressed as two differently sized mRNA species which arise from differential polyadenylation of one transcript. Biochim. Biophys. Acta 950: 338-345.
Sano, K., Nakamura, H., Mabuchi, O., Tanaka, T., Nakagawara, A., Takai, Y. (1990) Expression of the smg p25A (a ras p21-like GTP-binding protein) gene in human neuroblastoma cell lines and tumor tissues. Cancer Res. 50: 7242-7245.
Sano, K., Motoike, T., Nakamura, H., Matsui, Y., Teranishi, Y., Takai, Y. (1991) Differential expression of the N-myc, c-fos, and smg p25A genes in human neuroblastoma cells during neuronal and Schwannian differentiation. Molec. Brain Res. 9: 149-152.
Motoike, T., Sano, K., Tsuneishi, S., Nakamura, H., Kushima, Y., Hatanaka, H., Takai, Y. (1991) Expression and localization of smg p25A (=rab3 A) in cultured rat hippocampal cells. Neurosci. Lett. 134(1): 109-112
Goji, J., Sano, K., Nakamura, H., and Ito, H. (1992) Chondrocytic differentiation of peripheral neuroectodermal tumor cell line in nude mouse xenograft. Cancer Res. 52 (15): 4214-4220
Inui, A., Sano, K., Miura, M., Hirosue, Y., Nakajima, M., Okita, M., Baba, S. and Kasuga, M. (1992) Evidence for further heterogeneity of the receptors for neuropeptide-Y and peptide-YY in tumor cell lines derived from neural crest. Endocrinology 131 (5): 2090-2096
Matsui, T., Sano, K., Tsukamoto, T., Ito, M., Takaishi, T., Nakata, H., Nakamura, H., Chihara, K. (1993) Human neuroblastoma cells express a and b platelet-derived growth factor receptors coupling with neurotrophic and chemotactic signaling. J. Clin. Invest. 92:1153-1160
Nishimura, N., Nakamura, H., Takai, Y., and Sano, K. (1994) Molecular cloning and characterization of two rab GDI species from rat brain: brain-specific and ubiquitous types. J. Biol. Chem. 269, 14191-14198
Narita, M., Goji, J., Nakamura, H., and Sano, K. (1994) Molecular cloning, expression, and localization of a brain-specific phosphodiesterase I/nucleotide pyrophosphatase (PD-Ia) from rat brain. J. Biol. Chem. 269, 28235-28242
Miura, M., Inui, A., Sano, K., Ueno, N., Teranishi, A., Hirosue, Y., Nakajima, M., Okita, M., Togami, J., Koshiya, K., Baba, S., and Kasuga, M. (1994) Dynorphin binds to neuropeptide Y and peptide YY receptors in human neuroblastoma cell lines. Am. J. Physiol. 267, E702-E709
Sugahara, K., Iyama, K., Sano, K., and Morioka, T. (1994) Differential expressions of surfactant protein SP-A, SP-B, and SP-C mRNAs in rats with streptozotocin-induced diabetes demonstrated by in situ hybridization. Am. J. Respir. Cell Mol. Biol. 11:397-404.
Goji, J., Nakamura, H., Ito, H., Mabuchi, O., Hashimoto, K., and Sano, K. (1995) Expression of c-ErbB2 in human neuroblastoma tissues, adrenal medulla adjacent to tumor, and developing mouse neural crest cells. Am. J. Pathol. 146 (3) 660-672
Kitagawa, K., Nakanishi, K., Iijima, K., Nishio, H., Sano, K., Sado, Y., Nakamura, H., Yoshikawa, N. (1995) Mutation in a5(IV) collagen chain gene in nonfamilial hematuria. J. Am. Soc. Nephrol. (6) 264-268
Nishimura, N., Goji, J., Nakamura, H., Orita, S., Takai, Y., and Sano, K. (1995) Cloning of a brain-type isoform of human rab GDI (Hu GDIa) and its expression in human neuroblastoma cell lines and tumor specimens. Cancer Res. 55, 5445-5450.
Sugahara, K., Iyama, K., Sano, K., Kuroki, Y., Akino, T., and Matsumoto, M. (1996) Overexpression of surfactant protein SP-A, SP-B, and SP-C mRNA in rat lungs with lipopolysaccharide-induced injury. Lab. Invest. 74 (1) 209-220
Kawagoe, H., Stracke, M.L., Nakamura, H., and Sano, K. (1997) Expression and transcriptional regulation of the PD-Ia/Autotaxin gene in neuroblastoma. Cancer Res. 57, 2516-2521
Piao J.-H., Goding, J.W., Nakamura, H., and Sano, K. (1997) Molecular Cloning and Chromosomal Localization of PD-Ib (PDNP3), a New Member of Human Phosphodiesterase I Genes. Genomics 45( 2), 412-415
Hasegawa, D., Kojima, S., Tatsumi, E., Hayakawa, A., Kosaka, Y., Nakamura, H., Sako, M., Osugi, Y., Nagata, S., and Sano, K. (1998) Elevation of the serum Fas ligand in patients with hemophagocytic syndrome and Diamond-Blackfan anemia . Blood  91(8): 2793-2799
Johnson, K., Chen, Y., Moffa, A., Goldring, M.B., Sano, K., Piao, J.-H., Sali, A., Goding, J., and Terkeltaub, R. (1999) Differential mechanisms of PPi production by plasma cell membrane glycoprotein-1 (PC-1) and B10 in chondrocytes. Arthritis Rheum. 42(9):1986-1996
Sano, K., Hayakawa, A., Piao, J.-H., Kosaka, Y., and Nakamura, H. (2000) A novel SH3 protein encoded by the AF3p21 gene is fused to MLL in a therapy-related leukemia with t(3;11)(q23;p21). Blood 95(3):1066-1068.
Johnson, K.A., Hessle, L., Vaingankar, S., Wennberg, C., Mauro, S., Narisawa, S., Goding, J.W., Sano, K., Millan, J.L., and Terkeltaub, R. (2000) Osteoblast tissue-nonspecific alkaline phosphatase (TNAP) antagonizes and regulates PC-1. Am. J. Physiol. 279(10):R1365-1377.
Rutsch, F., Vaingankar, S., Johnson, K.A., Goldfine, I., Maddux, B., Schauerte, P., Kalhoff, H., Sano, K., Boisvert, W.A., Superti-Furga, A., and Terkeltaub, R. (2001) PC-1 Nucleoside triphosphate pyrophosphohydrolase deficiency in idiopathic infantile arterial calcification. Am. J. Pathol. 158(2) 543-554.
Hayakawa, A., Matsuda, Y., Daibata, M., Nakamura, H., and Sano, K. (2001) Genomic organization, tissue expression, and cellular localization of AF3p21, a fusion partner of MLL in therapy-related leukemia. Gene Chromosome Cancer 30(4): 364-374.
Bühring, H.-J., Seiffert, M., Giesert, C., Marxer, A., Valent, P., Kanz, L., and Sano, K. (2001) The basophil activation marker defined by antibody 97A6 is identical with the ecto-nucleotide pyrophosphatase 3 (E-NPP3; CD203c). Blood 97(10): 3303-3305.
Sano, K. (2001) Structure of AF3p21, a new member of Mixed Lineage Leukemia (MLL) fusion partner proteins---Implication for MLL-induced leukemogenesis. Leukemia Lymphoma (invited review) 42(4): 595-602.
Kawagoe, H., Kawagoe, R., and Sano, K. (2001) Targeted down-regulation of MLL-AF9 with antisense oligodeoxyribonucleotide reduces the expression of the HOXA7 and -A10 genes and induces apoptosis in a human leukemia cell line, THP-1. Leukemia 15(11): 1743-1749.
Kawagoe, H and Sano, K.(2001)The roles of the Hox transcription factors in hematopoiesis and their implications in leukemogenesis. Leukemia 15: 1743-1749.
Yano, Y., Hayashi, Y., Sano, K., Shinmaru, H., Kuroda, Y., Yokozaki, H., Yoon, S., Kasuga, M. (2003) Expression and localization of ecto-nucleotide pyrophosphatase/phosphodiesterase I-3 (E-NPP3/CD203c/PD-I beta/B10/gp130 RB13-6) in human colon carcinoma. Int. J. Mol. Med. 12: 763-766.
Vollmayer, P., Clair, T., Goding, J.W., Sano, K., Servous, J., Zimmermann, H. (2003) Hydrolysis of diadenosine polyphosphates by nucleotide pyrophosphatases /phosphodiesterases. Eur. J. Biochem. 270: 2971-2978.

〒651-2144 神戸市西区小山3丁目4-20
tel 078-926-1210

Copyright (C)2011 さの小児科クリニック All rights reserved.